セフレの作り方・出会い系で誰でも気軽にセフレが作れる方法

メンズエステって本番や基盤ができるの?その見つけ方、探し方

   

メンズエステって本番や基盤ができるの?その見つけ方、探し方

メンズエステは男の隠れ家のような存在です。オジサンではなく女の子にマッサージをしてもらって癒されたい人にとっては、とてもいいお店ですよね。基本的には健全なお店ですが、中には抜きサービス、しかも本番ができるお店まであるとされています。これは本当なのでしょうか。ここでは、本番ができるメンズエステの見つけ方を解説します。

メンズエステは抜きなしが原則。際どいマッサージはあり

メンズエステは抜きなしが原則。際どいマッサージはあり

メンズエステは、その名の通り男性向けのマッサージ店です。一般的には、マッサージの担当者が女の子で、男性客を想定しているお店を指します。ただし、女性客でも利用可能なお店もある他、一般向けのマッサージ店と区別がつきにくいお店も珍しくありません。施術の内容は、普通の健康マッサージからオイルマッサージ、洗体までさまざまです。

あくまでもマッサージ店として営業しているため、風俗店のような性的サービスは受けられません。お店によっては、鼠径部マッサージなどかなり際どい所まで触ってくれるものの、直接抜いてくれることはないのです。お客の「自家発電」を認めているお店もありますが、これは抜きありとはいえませんよね。

もし堂々と「抜きあり」をアピールしているお店があれば、そのお店は「メンズエステ風の風俗店」です。マッサージがメインではあるものの、風俗店の営業許可は取っています。抜きとマッサージの両方を合法的に受けられるのはお得ですが、交渉で本番に持ち込む面白みはありません。よって、この記事では除外して考えることにします。

メンズエステは風俗の許可を取っていない。抜きをすれば違法

メンズエステは、たとえ抜きなしのお店であっても、女の子がお客の体に触れることになります。普通のマッサージ屋と同じ程度のサービスなら問題ありませんが、お店によっては女の子がお客に密着したり、お客が全裸になったりします。メンズエステでは、どの程度のサービスが認められているのでしょうか。

風営法では、ソープランドを除く店舗型風俗について「個室を設け、当該個室において異性の客の性的好奇心に応じてその客に接触する役務を提供する営業」と定義しています。デリヘルなどの出張型風俗も、場所がホテルや個人宅というだけで、基本的な定義は変わりません。

つまり、異性のお客の体にベタベタと触れることが重要なのであって、射精させるかどうかは関係ないのです。抜きなしのお店でも、あまりに過激なサービスを行っていれば、風営法に抵触する可能性はあるでしょう。水着での接客や密着を行っているお店は、ヘルスなどと同様に「性風俗関連特殊営業」の許可を取ることが望ましいといえます。

しかし、現実にはほとんどのメンズエステがこの許可を取っていません。「これくらいのサービスはセーフでしょ?」と言わんばかりです。もちろん、抜きを行えば完全に風営法に抵触します。ほとんどの抜きありメンズエステは、違法なお店だと考えてください。

メンズエステには基盤店もあれば基盤嬢もいる。摘発には注意

メンズエステでの本番は、お店公認で行っている場合と女の子が勝手に行っている場合の2パターンがあります。また、本番でお金を取られるか、無料でできるかもお店や女の子によって異なるのです。

風俗用語として、無料で本番ができる場合を「基盤」、お金が必要な場合を「円盤」と呼びます。本番がサービス内容に含まれているお店は「基盤店」、お金を払えば本番をさせてくる女の子は「円盤嬢」というように使います。

1番本番がしやすいのは、言うまでもなく基盤店です。何も注文しなくても、女の子の方から本番を誘ってくれるでしょう。女の子が勝手に抜きをやっている場合、基盤嬢は基盤店と同じ流れですが、円盤嬢は金額の交渉が必要です。もちろん、店員に見つかってはいけません。すぐに追い出されてしまうでしょう。

いずれの場合も、警察に見つかれば即アウトです。本番をしているところを見つかれば、お客や女の子は公然わいせつ罪に問われます。お店ぐるみで本番をしていたのなら、事実上の売春を行っていたとして、売春防止法違反の罪で摘発されてしまうでしょう。基盤店は本番が簡単な分、警察に目をつけられやすいので注意してください。

本番店の特徴は、電話番号や店名、営業時間、料金に表れる

本番ができるメンズエステを見分けるには、いくつかのポイントがあります。以下の点に注目してみてください。

・お店の電話番号が携帯電話
本番ありのメンズエステは、警察の摘発から逃れるために突然お店を閉めてしまうことがあります。普段から逃げやすくしておく必要がありますから、お店には固定電話を設置せず、お客からの電話は携帯で受けているのです。

・店名が頻繁に変わる
短い期間で何度も店名が変わるメンズエステを見たことはないでしょうか。これは摘発対策の一環で、定期的にお店をたたんでは新しく作っているのです。摘発を恐れている=抜き行為をしている可能性が高いといえます。

・深夜まで営業している
風営法では、風俗店の営業時間を深夜0時までと定めていますが、表向き健全なお店では特に制限はありません。とはいえ、ほとんどのお店は午前2時くらいまでに閉まってしまうでしょう。早朝の4時や5時まで営業しているお店は、目立たない時間に商売をしている=抜きを行っている可能性が高いです。

・料金が風俗なみに高い
一般的に、メンズエステの料金は60分で7,000円~8,000円、高くても1万円くらいです。風俗に比べると明らかに安いですよね。60分で1万5,000円以上など、風俗なみに高いメンズエステがあれば、本番がサービスに含まれているかもしれません。

洗体エステと出張型エステは本番に持ち込みやすい

基盤店ではないメンズエステで本番をするには、女の子と交渉をしなければなりません。とはいえ、下手なことをすれば店員を呼ばれてしまいますから、ある程度交渉のしやすいお店を見つける必要があります。本番ができる可能性が高いのは以下の2つです。

・洗体エステ
洗体エステは、全裸になったお客の全身を女の子が洗ってくれるので、必然的にいろいろな場所に触れることになります。また、女の子も水着などの濡れてもいい格好になることが多いのです。お客も女の子も服を脱がないお店に比べれば、本番交渉を受け入れてもらえる可能性は高いでしょう。密着率の高いお店はなおさらです

・出張型エステ
店舗型メンズエステでは、他の女の子やお客、店員の目があるため、迂闊に交渉もできません。もし女の子がOKしてくれても、常に警戒しながら本番をしなければならないでしょう。ホテルや自宅に呼ぶ出張型エステなら、そういった心配はありません。女の子との交渉もしやすく、本番に持ち込んだら遠慮なくプレイすることができます。

本番交渉は、女の子の反応を確認しつつ慎重に行うこと

たとえ本番に持ち込みやすい環境が整っていても、女の子に拒否されてしまえば無意味です。実際のところ、女の子を口説いて本番に持ち込めることはほとんどありません。重要なのは、「条件次第で本番をしてもいい」と考えている女の子に当たるかどうかです。向こうから誘ってくれば話は早いのですが、そうでない場合はどうすればいいのでしょうか。

まずは、女の子に軽くタッチするなどして反応を確かめましょう。抵抗がないようだったら、鼠径部マッサージの辺りで交渉を持ちかけてください。「手コキならOK」といってくる女の子であれば、交渉次第で本番まで持ち込める可能性は十分あります。ただし、無理強いをして逃げられないように注意してください。

まとめ:本番ができるメンズエステはある。調査が重要

メンズエステで働いている女の子は、そもそも風俗で働きたくなくてエステに来ているケースが多いため、そう簡単に抜いてくれません。一方で、健全店を装った基盤店や、こっそり本番をしている女の子が存在するのも事実です。メンズエステで本番をしたければ、クサいお店を1件1件調査していきましょう。

 - メンズエステ