セフレの作り方・出会い系で誰でも気軽にセフレが作れる方法

危険!出会い系で人妻と浮気をする際に気を付けるべきこと

   

出会い系で人妻と浮気をする際に気を付けるべきこと

危険!出会い系で人妻と浮気をする際に気を付けるべきこと

人妻と遊びたければ、出会い系サイトを使うのが鉄板です。しかし、巷で言われている通り、出会い系サイトの利用にはリスクがあるのも否定できません。また、不倫をすることになるわけですから、発覚しないように気をつける必要もあるでしょう。ここでは、出会い系サイトを安全に使い、人妻と遊ぶためのポイントを解説します。

出会い系サイトにはサクラや業者がいることがある

 

出会い系サイトにはサクラや業者がいることがある

1

出会い系サイトの大きな問題の1つが、サクラやデリヘル業者の存在です。一体何が厄介なのでしょうか。

・サクラ
サクラは、要するに出会い系サイトの自作自演です。利用者が大勢いるように見せかける目的で行われるので、小規模なサイトやできたばかりのサイトに多い傾向にあります。当然、いくら誘っても実際に会うことはできません。お金と時間が無駄になるだけです。

・デリヘル業者
デリヘル業者は、一般ユーザーを装ってデリヘル嬢を潜り込ませています。男性がうまく乗ってきて会うことができたら、「2万円でどうですか?」などといってセックスの見返りに金銭を要求します。これでは風俗に行ったのと変わりませんよね。

とてつもない美人が来ればお金を払う価値もありますが、そんな都合のいい展開はまずありません。また、先にお金を要求されるのはまだいい方で、中には事がすんだあとになって正体をバラす悪質な業者もいます。出会い系サイトも対策を講じていますが、イタチごっこになっているのが現状です。

出会い系サイトでは犯罪行為に巻き込まれることも。美人局に注意

サクラやデリヘル業者は確かに迷惑ですが、出会い系サイトのトラブルの中ではまだマシな方です。本当に怖いのは、犯罪行為に巻き込まれることです。

特に美人局には注意しなければなりません。「すぐに会いたい」などというので喜んで遊ぶと、怖いお兄さんが出てきて「人の女に手を出した」などと言われるわけです。金銭を脅し取られるだけならともかく、個人情報を奪われることもあります

これは明らかな犯罪なので、本来なら警察に通報すべきでしょう。しかし、出会い系サイトで美人局にあったなど、恥ずかしくて話せないという人が多いのも事実です。大抵は誰にも相談できずに涙を飲むことになります。高い勉強代だったと思うしかありません。

悪質な業者や美人局は、都合のよすぎるプロフィールが特徴

出会い系サイトを安全に利用するには、サクラや業者、美人局などを見抜く必要があります。これらのユーザーは、男性の興味を引くために都合のよすぎるプロフィールを作っています。その特徴や回避方法を知っておきましょう。

・「いつでも会えます」「すぐに会いたい」などと言う
簡単に出会える、ということを自らアピールしているケースです。サクラよりは、実際に会うことが目的の業者や美人局に多いでしょう。

・セックスがしたいと強く訴える
夫とはセックスレスで男に飢えているなど、やたらとセックスがしたいことを強調してきます。中にはAVの煽り文句のようなことを書いている人もいます。普通の人妻は、たとえ欲求不満であっても露骨すぎるアピールはしないものです。

・写真を堂々と公開し、しかも美人
不倫をする人妻にとって、身元がバレてしまうことは何よりも避けなければなりません。それなのにボカシも入れていない写真を公開するのはおかしいですよね。しかも女優のような美人だったら、男性を釣るための偽物と見て間違いないでしょう。

・お金がほしいことを匂わせる
「援助してほしいです」「最近経済的に苦しい」など、お金に困っている様子があれば、ほぼ業者と思って構いません。たとえ業者でなかったとしても、お金を取られるなら同じことです。先に明かしてくれる分、まだ良心的だと思いましょう。

不倫がバレれば慰謝料を請求される。女性が本気になることも

出会い系サイトを使って人妻と遊ぶ時に最も気をつけなければならないのは、不倫の事実が女性の夫にバレてしまうことです。女性との関係が終わるとは限りませんが、慰謝料は高確率で請求されるでしょう。美人局の場合と同様、夫が怖い人である可能性もあります。

肉体関係があったことが明らかで、最終的に離婚することになれば、慰謝料の相場は300万円~500万円程度です。男性にとっては相当なダメージですよね。また、話し合いがこじれて裁判にもつれ込むことになれば、弁護士費用なども必要になるでしょう。

また、夫と別れた女性が「もう邪魔は入らないから結婚しよう」などと言って迫ってくることも考えられます。浮気相手に対して本気になってしまったというケースは珍しくなく、割り切りの関係を望んでいた男性にとっては非常に厄介です。日常生活に支障をきたすおそれもあり、まったく笑いごとではありません。

バレないためには連絡先を交換しない! デートの場所にも注意

出会い系サイトを使った不倫は、他の方法に比べれば発覚の危険性は低い方です。当人同士には不倫以外の接点がなく、周囲も気づきにくいですからね。それでも、ちょっとした言動から悟られてしまうこともありますし、夫が探偵に浮気調査を依頼するケースもあるでしょう。発覚を防ぐためには、以下の点に注意してください。

・連絡先を交換しない
「2人の関係はデートの間だけ」というのが発覚防止の基本です。電話番号はもちろん、メールアドレスやLINEのIDも交換するべきではありません。それこそ、偽名を名乗っても構わないのです。最近の出会い系サイトはコミュニケーション機能が充実していますから、連絡を取るだけならサイト上だけでも十分に可能です。

・通話履歴やメールを削除する
どうしても電話やメールを使いたい場合は、使った直後に履歴を削除するようにしましょう。ちょっと置き忘れたスキに他人がのぞき見をする可能性は十分にあります。また、出会い系サイトへのアクセス履歴も消去するべきです。この辺りは女性とも相談して徹底してもらいましょう。

・知り合いとの不倫はしない
出会い系サイトを使って会ってみたら、何と近所の奥さんだったというケースもまれにあります。この場合、なかったことにして帰るのが無難です。接点のない2人が出会うという、出会い系サイトのメリットをつぶすことになりますからね。

・自宅から少し離れた場所で会うようにする
いくら出会いがネット上でも、実際にデートをするのは現実の世界です。自宅のすぐ近くで会っていれば、ご近所さんに目撃されてしまう可能性は高いでしょう。住所を明かす必要はありませんから、お互いに希望の場所を出し合い、双方の自宅から離れた地点で会うようにするべきです。簡単な変装も必要かもしれません。

万が一人妻を妊娠させたら、養育費など多額の費用がかかる

不倫において最悪の事態ともいえるのが、人妻を妊娠させてしまったケースです。相手が独身なら責任を取って結婚することもできますが、人妻なら先に解決しなければいけない問題が多すぎます。

まず、中絶するか産むかを選択しなければなりません。選択権は女性にあるので、男性から中絶を強要するのは不可能です。中絶が可能な期間は限られていますから、早めに決断を下す必要があります。中絶費用もかかりますし、発覚の危険も増すので覚悟しておきましょう。

そして、産むと決めた場合はもっと大変です。女性の夫に事情を離さなければなりませんから、慰謝料はほぼ確実に請求されます。肉体関係があったことが確実で、夫の精神的ショックも大きいでしょうから、慰謝料は高額になります。

さらに、子供を認知して養育費を払う必要もあります。養育費の支払いは子供が成人するか社会人になるまでずっと続きますから、相当な負担になるでしょう。他のいろいろなことをあきらめなければならない可能性もでてきます。

結局、普段から避妊に努めるのが大切ということです。ピルによる妊娠防止も完璧ではありませんから、安易なゴムなしセックスは危険です。どうしても生でやりたければ、きちんと相談してください。

まとめ:注意点を理解すれば、出会い系サイトを使いこなせる!

出会い系サイトは、あくまでも出会いの場を提供してくれているにすぎません。誰に話しかけるか、また出会ったあとで何をするかはすべて自己責任なのです。痛い目にあわないためには、サクラや業者を見抜き、人妻との不倫が発覚しないように注意深く行動する必要があります。ポイントを理解して、出会い系サイトを使いこなしましょう。

 - 出会い系を使ってセックス