セフレの作り方・出会い系で誰でも気軽にセフレが作れる方法

*

風俗で本番しようとしたトラブル事例!本番は本当に可能か?

   

風俗で本番しようとしたトラブル事例!本番は本当に可能か?

風俗で本番しようとしたトラブル事例!本番は本当に可能か?

「風俗では本番禁止」というルールは、多くの人が知っていることと思います。それにも関わらず、プレイ中に興奮のあまり本番がしたくなってしまった経験のある人も多いのではないでしょうか。これは仕方のないことですが、欲望に任せて本番をしてしまうと、大変なトラブルに見舞われるおそれがあります。

一方で、当たり前のように本番をさせているお店があるのも確かです。また、ソープでは公然と本番が行われているのも、よく考えればおかしな話ですよね。ここでは、本番行為をめぐる風俗店でのトラブルや、穏便に本番をする方法についてまとめました。

風俗での本番は違法行為。警察に見つかればお客も逮捕される

風俗での本番は違法行為。警察に見つかればお客も逮捕される

風俗店で本番がNGなのは、日本の法律で売春が禁止されているからです。この場合の「売春」というのは、男性器の女性器への挿入を指します。つまり、厳密な意味での本番行為のみが売春とされているわけですね。他の方法で射精させる分には問題ないので、ほとんどのお店は素股やフェラで対応しており、お客も女の子にクンニや指入れができるのです。

もし本番をしているところを警察に見つかれば、お店は摘発されお客も女の子も御用になってしまいます。そのため、どんなお店も「本番禁止」を公式サイトなどでアピールしているわけです。

しかし、本番禁止が建前にすぎず、女の子が本番をするのを黙認しているお店もあります。かつては「本サロ(本番サロン)」などと呼ばれるお店もありましたが、最近は取り締まりが厳しく、ほとんど見かけなくなってしまいました。今でも積極的に本番をさせているお店があるなら、かなり危ない橋を渡っているといえるでしょう。

ソープで本番がOKなのは、「女性とお客の恋愛関係の結果」だから

「風俗は本番禁止」という話を聞いて、多くの人が疑問に思うのがソープランドの存在です。ソープなら堂々と本番ができることは世間的にも知られていますよね。では、なぜソープは他の風俗と違って本番が認められているのでしょうか。

実のところ、ソープでも本番が合法というわけではありません。それでも堂々と本番ができるのは、ソープ嬢が従業員ではなく個人事業主として扱われているからです。本番は「個人事業主とお客との恋愛関係の結果」であり、お店自体が売春をさせているわけでも売春の場所を提供しているわけでもない、だから管理売春には当たらないという理屈です。

はっきりいって、これらの建前はジョークもいいところであり、真面目な議論の場では笑いものにされるでしょう。それでもソープの存在が許容されているのは、建前で押し通してきた期間が長くなりすぎ、今更否定できないという事情があるのかもしれません。将来ソープがどうなるのか、注目しておきましょう。

お客も風俗嬢も、それぞれ本番をする理由を持っている

超解釈の結果とはいえ、ソープでは本番ができるのだから、本番がしたければソープへ行けばいいと考える人も多いでしょう。それにも関わらず、他の風俗で本番をしたがるお客や、本番を持ちかけてくる風俗嬢がいるのはなぜなのでしょうか。

・お客の事情

フェラや素股で終わらせるのは嫌、どうせなら本番までやりたいという率直な欲求が大半です。また、出てきた風俗嬢がとても好みのタイプだったので、「この子と本番がしたい」と考えるケースもあるでしょう。お金を節約するため、ソープよりも安いお店で何とか本番まで持ち込もうとがんばっている人もいます。

・風俗嬢の事情

風俗嬢が本番を持ちかけてくるのは、お客からより多くの指名をもらいたいからです。また、追加料金と引き換えに本番をする風俗嬢もいます。この追加料金はそのまま風俗嬢の懐に入りますから、まさにボロ儲けです。

風俗で本番をするには、遠回しな言い方で女の子と交渉しよう

風俗で本番がしたければ、最低でも女の子の合意を得なければなりません。ルール違反を持ちかけるのですから、交渉にはある程度のコツが必要となります。

まず、誘いをかける時は遠回しな言い方を心がけましょう。「本番させて」とストレートに言えば、女の子が驚いて拒否される可能性は高くなります。素股をしている時に「これで終わり?」「これだけだと寂しいな」と口に出すなど、本番がしたいことを暗に示すのが大切です。

また、女の子の側から本番を誘ってくるようなら、話はとても簡単です。事前にネットで情報収集を行い、本番ありだという噂のある女の子を指名してみましょう。もちろん、ガセの可能性もありますから、慎重になった方がいいのは変わりありません。

そして、本番交渉で最も厄介なのが追加料金です。追加料金を払って本番をすることは、俗に「円盤」などと呼ばれます。追加料金なしなら「基盤」です。追加料金は女の子が自由に決めているので、中には+2万円などの無茶な金額をふっかけられることもあります。割に合っているかどうかを冷静に判断しないと、いいカモにされてしまうでしょう。

店員に見つかれば出禁は確実。警察のガサ入れに遭遇することも

本番をしているところを店員に見つかってしまえば、多くの場合お店から叩き出されるでしょう。入店禁止はほぼ確実の上、罰金を取られる可能性もあります。怖いお兄さんが出てくるおそれもありますから、絶対に見つかってはいけません。

また、ガードの固い女の子の場合、嫌なお客から本番を持ちかけられた時点で店員を呼ぶこともあります。無理矢理本番をしようとした場合も、当然助けを呼ばれるでしょう。このように、女の子を敵に回してしまうのが1番駄目なケースです。紳士的な態度を崩さないようにしてください。

そして、店員に見つかる以上にまずいのが、本番中に警察のガサ入れがあった場合です。そのまま御用になってしまい、家族にも知られてしまう可能性があります。職場に連絡が行くことはまずありませんが、偶然知られてしまえば社内での立場は悪くなるでしょう。いつ警察が来るかはわかりませんから、覚悟の上で本番をするしかありません。

本番をするなら、店舗型風俗よりデリヘルの方が安全

どうしても安全に本番がしたければ、店員に見つからず警察も踏み込めない場所で行う必要があります。そうなると、ヘルスやピンサロといった店舗型風俗が危険なのは言うまでもありません。安全性が高いのは出張型、つまりはデリヘルです。

デリヘルは、ラブホであれ自宅であれ、女の子と2人きりになることができます。誰にも目撃されませんから、本番の交渉自体がやりやすいというメリットも大きいですね。女の子もそれをわかっているので、積極的に本番交渉を持ちかけてくることもあるでしょう。

ただし、お客と2人きりになるということで、女の子の警戒心も店舗型より強くなる傾向があります。店員の目がないからといって調子に乗らず、女の子には優しくし、本番の交渉もやはり遠回しに行うべきでしょう。

まとめ:風俗での本番はリスク大。節度を守って自己責任で

風俗での本番は、大きなリスクを伴うことがわかってもらえたと思います。初心者の場合は、間違っても本番交渉などしない方がいいでしょう。本番がしたければソープへ行くのが確実ですし、危険もずっと少なくなります。

風俗に慣れてくれば、本番をさせてくれる可能性のある女の子が何となくわかってくるはずです。そのような子に対してのみ、遠回しに本番を持ちかけるのが鉄則といえます。もちろん、同意も得ず強引に挿入するようなことだけはやめてください。その結果としてどんな目にあっても自己責任です。節度を守って本番をしましょう。

 - 風俗で本番