セフレの作り方・出会い系で誰でも気軽にセフレが作れる方法

*

ハプニングバーに行くことは犯罪?逮捕される可能性はあるの?

   

ハプニングバーに行くことは犯罪?逮捕される可能性はあるの?

ハプニングバーが摘発され、経営者やお客が逮捕されたというニュースがたびたび流れます。

その割には、ハプニングバーの公式サイトは堂々と存在していますし、多くのお店は営業を続けていますよね。果たして、ハプニングバーへ行くことは犯罪なのでしょうか。

ここでは、ハプニングバーの利用客が逮捕されてしまう可能性について解説します。

ハプニングバーの性行為は「勝手にやったこと」というのが建前

ハプニングバーの性行為は「勝手にやったこと」というのが建前

ハプニングバーの「ハプニング」というのは、はっきり言ってしまえば性行為のことです。店内でセックスが行われることを示しているわけですね。ただし、風俗とは違い女性店員がサービスをしてくれるわけではありません。お店はあくまでも場所を提供するだけであり、セックスはお客同士の交渉や意気投合の結果とされているのです。

つまり、お客同士がセックスをしているところに警察が踏み込んでも、「あれはお客が勝手にやったことだ」といってお店は言い逃れをしようとするのです。また、お客の側も「意気投合した者同士がセックスをして何の問題があるんだ」と主張します。ハプニングバーで逮捕されるかどうかは、これらの言い訳が通用するかどうかにかかっています。

ハプニングバーでの主な逮捕理由は、公然わいせつ罪と幇助罪

ハプニングバーで逮捕者が出る場合、罪状は「公然わいせつ罪」およびその「幇助罪(ほうじょざい)」であることが大半です。公然わいせつ罪は、公の場で性器を露出するなどの猥褻な行為をする罪。幇助罪は、特定の犯罪の手助けをする罪です。お客は公然わいせつ罪に問われ、お店の側はそのための場所を提供したとして幇助罪に問われることになります。

「わいせつ」というのは本番行為に限らないため、ペッティングをしていただけでも十分該当します。裸でいただけでも成立する犯罪なので、ストリップショーやポールダンスなども引っかかるおそれがあると考えるべきでしょう。「本番行為をしていないからセーフ」という言い訳は通りません。

完全会員制だろうと少人数だろうと、公然わいせつ罪と見なされる

公然わいせつ罪が成立するかどうかは、そのわいせつな行為に「公然性」があったかどうかが重要になります。つまり、不特定多数の目につく公的な場所で行われたのかどうか、ということです。

かつてのハプニングバーは、入会金も取らず誰でも自由に出入りできるのが一般的でした。それこそ、普通のバーやクラブのような店内で性行為が行われていたのです。しかし、それゆえに「公然性がある」と見なされてしまい、摘発されるお店が出てきました。

そこでお店の側が取った対策は、完全会員制にしてお客の数を制限することでした。こうすれば、お店の中は公的な空間ではなく「限定的空間」となり、お客も不特定多数ではなく「特定の人たち」になると考えたのです。

しかし、これらの言い訳はまったく通用しませんでした。完全会員制であろうと、不特定多数の人が来店する可能性はあると見なされたからです。これにより、ハプニングバーという形態そのものが違法であることは、ほとんど疑いの余地がなくなりました。

他のお客をそそのかしただけでも、幇助罪になるおそれがある

ハプニングバーの違法性が否定できなくなったため、お客もいろいろな言い訳を考えるようになりました。少なくとも、警察が踏み込んできた時に言い逃れができれば、逮捕されずにすみますからね。主な言い訳としては次の2つがあります。

・パンツを脱いでいないからセーフ
性器を露出するのが駄目なら、パンツを脱がずに着衣プレイをしていればセーフだろうという理屈です。これは一定の説得力があり、少なくとも公然わいせつ罪には該当しないものとして扱われました。

ところが、たとえ性器を露出していない場合でも、尻やももなどが露出していれば軽犯罪に該当する可能性があります。他の場所ならともかく、ハプニングバーでは逮捕の理由として使われることは十分に考えられるでしょう。結局、人前でセックスをすること自体が問題になりやすいのです。

・自分は行為に加わっていないからセーフ
自分自身は性行為に加わっておらず、食事をしていただけだから問題ないと主張する人もいます。確かに、直接悪いことはしていないように思えますね。

しかし、これもやはり見逃してはもらえませんでした。本当に見ていただけなら問題ないのですが、少しでも公然わいせつを煽るような行為をしていれば、幇助罪に該当する可能性があるのです。具体的には以下の行為が問題とされました。

・本番行為や、その他わいせつな行為をするように煽る、そそのかす
・行為の様子を写真や動画に収める
・コスプレ衣装やアダルトグッズを貸す
・警察が来たことを知らせたり、逃亡や証拠隠滅を手伝ったりする

これらの行為は、軽い気持ちで入店した人でもやってしまう可能性があります。結局、ハプニングバーに入ること自体が危険だと考えざるをえません。

店内でセックスをしてしまったがために、強姦罪になる可能性も

少し性質が違う話になりますが、ハプニングバーで発生しうる犯罪には、より重大なものもあります。それが強姦罪(現:強制性交等罪)です。「お客同士が合意の上でセックスしているのに強姦になるの?」と思うかもしれませんが、その「合意」が問題なのです。

ハプニングバーは、建前上「他人が嫌がることは強要できない」とされています。しかし、独特な雰囲気のある空間なので、空気や流れに逆らえずセックスをしてしまうこともあるでしょう。そこに警察が踏み込んできた時、「私は合意していないのに無理矢理された」と主張する人が現れれば、強姦罪が成立する可能性は十分にあります。

性犯罪を取り巻く環境は一層厳しくなっており、2017年には刑法が改正されました。強姦罪が親告罪でなくなったため、被害者が訴えなくても逮捕される可能性が出てきたのです。また、性器に挿入はしていない場合や、被害者が男性である場合も強姦罪が成立するようになりました。ハプニングバーを利用するリスクも高くなったといえます。

ハプニングバーが生き残るには、形態を変えていくしかない?

ハプニングバーで発生している行為は、以前に比べれば大人しくなりました。乱交パーティなどが当たり前のように行われていた時代があったのです。また、風俗のように店員がプレイに加わったりわいせつな行為をしたりするお店もありました。ある意味では、風俗以上に世相を反映する存在だといえます。

現在でも、取り締まりは段々と厳しくなっているため、昨日できたはずの行為が今日はできなくなったという事態が発生するかもしれません。事実上、警察はハプニングバーをいつでも摘発できる状態にあるからです。それをしないのは、限られた捜査員を割くほどの問題がないため、わかっていて見逃されているにすぎません。

ハプニングバーが今後も生き残ろうとすれば、店内でのセックスから「公然性」を排除し、「限定的空間」を作り上げるしかないでしょう。つまり、店内に防音・鍵付き・のぞき不可の個室を用意し、性行為がしたい人は少人数で部屋にこもってすればいいのです。しかし、これはハプニングバーのカオスな雰囲気が消えてしまうことを意味します。

とはいえ、ハプニングバーそのものが消滅してしまうよりはいいかもしれません。特殊な趣味を持った人が集まってくる場所として、ハプニングバーには価値があるからです。今後は形態を変えて生き残りの道を模索していくことになるでしょう。

まとめ:ハプニングバーに行く時は、一定の覚悟を持とう

現状では、ハプニングバーの存在そのものが違法だと考えて間違いないでしょう。

現在ではお店も神経質になっており、男性だけが2人以上で来店すると、警察だと疑われてなかなか入店できないケースもあるようです。

軽い気持ちで入店しただけでも逮捕されてしまう可能性は十分にあります。入る時は一定の覚悟をしておきましょう。

 - パプニングバー