セフレの作り方・出会い系で誰でも気軽にセフレが作れる方法

*

ハプニングバーに一人で行くのはみじめ?一緒に行く相手を見つけることができる場所って?

   

ハプニングバーに一人で行くのはみじめ?一緒に行く相手を見つけることができる場所って?

ハプニングバーに勇気を出して行ってみたものの、何1ついい思いができずに帰ってきてしまったという体験談はたくさんあります。中でも、「周囲はみんなカップルで来ているのに、自分は男1人なのでみじめだった」という話は悲惨ですよね。

ハプニングバーは単独男性でも入れますし、1人でも楽しめたという人はちゃんといます。しかしながら、多くのハプニングバーではカップルの方がより歓迎され、楽しむことができるのです。ここでは、ハプニングバーにカップルで行く意味について解説します。

ハプニングバーはセックスありきではなく、単独男性でも行ける

ハプニングバーはセックスありきではなく、単独男性でも行ける

ハプニングバーのルールはお店によって違いますが、「単独男性お断り」のルールを掲げているお店はまずありません。男女ペアでないと入店できないお店は、一般的に「カップル喫茶」と呼ばれます。カップル喫茶は「セックスありき」のお店ですが、ハプニングバーはそうとも限らないので、単独男性の入店が認められているわけです。

そのため、ハプニングバーに男性1人で行くことは、決してルール違反やマナー違反ではありません。最初は偵察も兼ねて1人で何度か足を運んでみるのもいいでしょう。しかし、何度か通っているうちに、男性1人だと何となく長居しにくい・楽しめないということが増えてくるはずです。その原因は以降の項目で見ていきましょう。

ハプバーは女性がいないと成り立たず、カップルは歓迎される

ハプニングバーは、女性の需要が圧倒的に多いお店です。お客の男女比はお店ごとに差がありますが、おおむね男性の方が多い傾向にあり、中には男性客が9割という極端なお店も存在します。男女比が均等に近いお店ほど、集客がうまいといえるでしょう。

当然ながら、ハプニングバーは女性がいないと成り立ちません。そのため、単独女性はもちろん、カップルでの入店も歓迎されます。他のお客から声をかけられる機会も増えるので、自然と交流の輪に入っていけますし、おいしい思いができる可能性も高くなるわけです。

逆にいえば、単独男性の場合、カップルに比べると他のお客との接点が減ってしまうのです。コミュ力の高い人ならどんどん知り合いを増やせるかもしれませんが、そうでなければいつまでもカウンターで一人飯という状態もありえます。これはあまりにもみじめですから、ハプニングバーに行きたくなくなっても仕方がないでしょう。

ハプニングバーの料金設定は、単独男性>カップル>単独女性

ハプニングバーは、できるだけ多くの女性に来てもらおうと、料金設定にも工夫をしています。ほとんどのお店では、料金を「単独男性」「カップル」「単独女性」に分けて設定しており、その金額には大きな差があります。

単独男性の場合、初回は入会金と入場料をあわせて2万円ほど、以降も入場料として毎回1万円程度を払わなければならないことが少なくありません。これがカップルになると一気に条件がゆるくなり、2人あわせて総額5,000円前後になります。「女連れである」ことがどれだけ重視されるかがわかりますね。

単独女性になると料金はさらに安くなり、入会金も1,000円~2,000円、入場料に至っては毎回無料というお店もたくさんあります。一度入会してしまえば一生飲み放題です。他のお客から食事をおごってくれることもあるでしょうから、毎回タダ飯にありついている女性もいるかもしれません。

このように、ハプニングバーは徹底した女性優遇策を取っています。それでもなお男性客の比率が高いわけですから、高い料金を払ってでも通いたがる男性が多いということなのでしょう。もちろん、ずっとぼっち状態の男性も少なくないと思われます。

単独男性がずっとお店にいると、「空気」になってしまうおそれも

単独男性が頻繁にハプニングバーに通うと、その出費はかなりのものになります。無駄にしないためには、できるだけ長くお店にいなければなりません。ハプニングバーは、一度入店すると閉店まで追加料金なしでいられることが多いのが特徴です。大抵は午後に開店して翌朝まで営業しているので、半日以上居座ることも可能なわけです。

しかし、同じお店に何時間もいるのはかなりつらいものがあります。仲のいい人がいてイベントにも参加できるならともかく、「誰かと絡めないかな」と漠然たる思いを抱えているだけではまったく楽しくありません。自分から積極的に声をかけていければいいのですが、それができれば何時間もぼっち飯は食べていないですよね。

1番まずいのは、1人だけでお店に通い続けて誰とも接点を持てなかった結果、空気になってしまうことです。「あの人はいつも1人で飲んでるから」といって、常連や店員も声をかけてくれなくなります。こうなると、そのお店で巻き返しを図るのは非常に難しいでしょう。友達作りに失敗したクラスで1年間すごすようなものです。

結局のところ、初動に失敗するとハプニングバーは楽しめないのです。そして、最初にうまくやるためには、交流の可能性を増やしてくれる女性を伴うことが重要だといえます。

ハプニングバーに行くためのパートナーは出会い系サイトで探そう

ハプニングバーに男性が1人で行くことのリスクは、これまでで十分理解してもらえたと思います。しかし、いくら女性を連れて行けばいい思いができるとしても、そう簡単に同行者は見つかりませんよね。むしろ、ハプバーに行くことよりも難易度が高いかもしれません。

ただ、ヒントはあります。ハプニングバーはカップルを歓迎していますが、本当に付き合っている必要はありません。単に男女ペアで行けば歓迎されるというだけです。そうなると、誰もいいので「一緒に行ってもいい」という女性を見つければいいわけですね。

そんなスキモノの女性がたくさん集まっている場所となると、出会い系サイト以外にありません。出会いが目的の女性しかいないわけですから、「ハプニングバーに一緒に行ってください!」などとお願いするのも恥ずかしくありませんね。おすすめの出会い系サイトを幾つか見ていきましょう。

・ハッピーメール
https://happymail.co.jp/

男女比のバランスがいいと評判のサイトで、女性を探す場所としては最適です。サイトの雰囲気も、広告に有名モデルを起用するなど女性の使いやすさを考慮しています。

・PCMAX
https://pcmax.jp/pcm/?ad_id=unknown

莫大な広告費を投じており、宣伝力の高さに定評のあるサイトです。広告を見かけたことのある人も多いのではないでしょうか。知名度の高さから安心感があり、利用しやすいといえます。

・ワクワクメール
https://550909.com/

ユーザー同士の交流を活発化させるため、さまざまなツールや企画を用意しているサイトです。楽しみながら使うという点では非常に評価できるでしょう。

まとめ:出会い系でパートナーを見つけ、ハプバーを楽しもう

ハプニングバーは風俗とは違い、お金を払えば性的サービスが楽しめるとは限りません。お店はあくまでも交流の場を提供してくれるだけなので、自分から積極的に動かないといつまで経っても楽しめないのです。女性を伴って行くことも、ハプニングバーを楽しむ手段の1つだといえます。

知り合いを誘えれば話は早いのですが、そんな都合のいい人はなかなかいないでしょう。割り切りで同行してくれる女性を探すには、出会い系サイトの利用が最もお手軽でしょう。自分が直接その女性と遊ぶわけではないので、リスクもそれほど高くありません。うまく出会い系サイトを使い、パートナーを探し出してください。

 - パプニングバー