セフレの作り方・出会い系で誰でも気軽にセフレが作れる方法

ここが違う!ハプニングバーとカップル喫茶の違いについて

   

ここが違う!ハプニングバーとカップル喫茶の違いについて

ハプニングバーについてネットで調べていると、「カップル喫茶」という言葉をよく目にします。

どうやらハプニングバーと似たようなものらしいということはわかるが、具体的に何が違うのかはよくわからない……という人も多いのです。

せっかくですから、しっかりと違いを理解して、自分にあった方に遊びに行きたいですよね。ここでは、ハプニングバーとカップル喫茶の違いについて解説します。

ハプバーは単独でもOK、カップル喫茶は男女ペアでないと入れない

ハプバーは単独でもOK、カップル喫茶は男女ペアでないと入れない

カップル喫茶は、その名の通り男女のペアでなければ入店することができません。本当のカップルである必要はありませんが、「相方」を連れて行くのが必須ということです。一方、ハプニングバーは1人でも入店できますし、カップルでももちろん受け入れてもらえます。入店の難易度はカップル喫茶の方が高いというわけですね。

相方はいないけどどうしてもカップル喫茶に行きたいという人は、出会い系サイトで一緒に行ってくれる人を探すこともあります。そこまでして行きたいと思うくらいには、カップル喫茶というのは特殊な場所であり、非日常が味わえる空間なのです。

カップル喫茶は男女均等、ハプニングバーは圧倒的に男性客が多い

男女ペアでないと入れないのですから当然のことですが、カップル喫茶のお客の男女比は均等です。それに比べると、ハプニングバーは圧倒的に男性が多いのが特徴です。お店によっては、9:1で男性の方が多いという状況もあるくらいです。極端に女性の需要が高いお店だということですね。

そのため、ハプニングバーでは料金にも大きな男女差が設けられています。男性は入会金と入場料をあわせて3万円近くになることもあり、2回目以降も数千円~1万5,000円程度の入場料を払わなければなりません。ところが、女性は入会金が安く、さらに入場料は無料か1,000円程度というお店がほとんどなのです。

ハプニングバーは女性客が来なければやっていけませんから、「女性はいくらでも無料でお酒が飲めます!」というスタンスで女性を集めているわけですね。その分、男性客が大半のお金を肩代わりする仕組みです。カップル喫茶では必ず男女が一緒に入店しますから、ハプニングバーのような料金格差は発生しようがありません。

ハプバーはイベントが多い遊び場。カップル喫茶はセックスありき

ハプニングバーは、「大人の遊び場」という表現がぴったりの空間です。最終的にセックスをするのが目的という人が多いのは事実ですが、すべての人に当てはまるわけではありません。他人の絡みを見ながらお酒を飲むのを楽しみにしている人もいますし、イベントに参加して大騒ぎするのが好きな人もいます。セックスがすべてではないのです。

一方、カップル喫茶は基本的に「セックスありき」の世界です。男女の人数が均等なので相手を探すのに苦労はしませんし、スワッピングも当たり前のように行われています。ハプニングバーと違って小規模なお店が多いこともあり、派手なイベントはあまり行われません。ひたすらセックスがしたい人が集う場所だといえます。

そのため、「ハプニングバーと同じようなものだろう」と思ってカップル喫茶に行くと、気まずい思いをすることもあります。言ってみればハッテン場のノンケ版のようなものなので、エンターテイメントな空間ではないことは理解しておきましょう。

カップル喫茶は細かいルールがなく、割と何でもあり

両者の違いはルールにも現れています。ハプニングバーは、初めて入店した時に徹底したルール説明があり、店員もお客がおかしなことをしないか見ているのです。それに比べると、カップル喫茶はあまりルールが厳しくありません。「相手が嫌がることはしない」という最低限のルールさえ守れば、あとは何でもありといっていいくらいです。

このような差が生まれたのは、やはり両者の利用目的の違いにあるでしょう。ハプニングバーはいろいろなイベントを行いますし、単独で来ているお客も大勢いますから、きちんとルールを作って全員が守らなければなりません。

一方、カップル喫茶はセックスが目的で相方と一緒に来店しています。やることが限定的であること、相方の存在により自制がきくことなどから、細かいルールを設定する必要がなかったと考えられます。後述しますが、両者の客層の違いも影響しているでしょう。

ハプニングバーは客層がバラバラ、カップル喫茶は30代以上が中心

遊びに行く以上は、自分以外にどんな人が来ているかも気になりますよね。ハプニングバーもカップル喫茶も、特殊な趣味を持った人が集まる点は同じです。しかし、客層には結構な違いがあります。

ハプニングバーは、20代を中心に若いお客が多い傾向にあるものの、全体としては50代くらいまでの幅広い年齢層が集まっています。また、職業も趣味趣向も千差万別で、これといった共通点がありません。外国人のお客が来ることも珍しくなく、お店によっては「日本語が話せず通訳もいない外国人の利用はNG」とルール化しているところもあります。

ではカップル喫茶はどうなのかというと、こちらは30代以上のお客が中心です。比較的落ち着いた感じの男女が多く、あまり騒がしい雰囲気ではありません。スワッピングや乱交が目的の熟年夫婦が集まっていると考えてください。純粋にセックスが目的だからこそ、このような客層になると考えられます。

ハプニングバーのルールが厳しいのも、種々雑多なお客をまとめる必要があるからだと考えれば納得ですね。ノリや成り行きでセックスするハプニングバーに比べ、カップ喫茶は「同好の士」が集まる場所といっても過言ではなく、客層もよいといえるのです。

性病や摘発の危険はどちらも同じ。自己防衛が大切

ハプニングバーとカップル喫茶には多くの違いがありますが、お店の性質上大きな共通点もあります。それは、性病と摘発の問題です。

どちらのお店にしても、不特定多数とセックスをする場所であることに違いはありません。このような場所は性病の感染源になりやすく、対策を怠ったがために移されてしまったという人も大勢います。より危険なのは勢い任せでセックスすることが多いハプニングバーですが、カップル喫茶でもゴムを付けなければ同じことです。

また、法的に極めてブラックな空間であることも忘れてはなりません。ハプニングバーが摘発されたというニュースはたびたび報道されています。カップル喫茶はハプニングバーよりも規模が小さいため、摘発のターゲットにはなりにくいようですが、実際に摘発されてしまったお店はあると考えるべきでしょう。

いずれにしても、大切なのは自己防衛です。遊ぶ時にはセーフセックスを徹底し、拒否する人は相手にしないようにしましょう。お店でもゴムの着用は義務付けしていることがほとんどなので、店員に言いつけても構いません。定期的な性病検査も必須です。そして、最悪警察の内偵が入っていることも考え、ある程度の覚悟を持って遊びましょう。

まとめ:ハプニングバーとカップル喫茶、両方に通うのもアリ

ハプニングバーとカップル喫茶は、それぞれ違った魅力のある場所だということをわかってもらえたと思います。どのような遊びがしたいかで行くべきお店は変わるので、自分にあった方を選びましょう。両方を体験して比べてみるのも面白いですね。実際のところ、両方に通い続けている人もいるので、積極的に開拓していきましょう。

 - パプニングバー