セフレの作り方・出会い系で誰でも気軽にセフレが作れる方法

*

交際クラブでセフレを作ることは可能?

   

交際クラブでセフレを作ることは可能?

いわゆる「大人の遊び場」には、多くの種類があります。風俗やキャバクラといった定番から、ハプニングバーやカップル喫茶といったややマニアックなもの、そして添い寝リフレやアジアンエステなどの怪しいお店までいろいろそろっていますね。

中でも「交際クラブ」は、ごく限られた人しか入会できない特殊なお店として知られています。名前からすると、明らかに男女の出会いの場を提供してくれそうですが、実態はどうなのでしょうか。また、セフレを作ることはできるのでしょうか。ここでは、交際クラブの特徴について解説します。

交際クラブの役目は、会員同士のデートのセッティング

交際クラブの役目は、会員同士のデートのセッティング

交際クラブは、簡単に言うと「会員同士のデートをセッティングしてくれるお店」です。利用の基本的な流れは以下のようになっています。

(1)お店に連絡して審査を受ける
(2)問題がなければ、入会金を払って会員登録をする
(3)お店にデートをセッティングしてもらい、セッティング料を払う
(4)セッティングされた相手と会い、デートをする
(5)デートのあとは自由恋愛可能とし、セックスなどをしてもよい
(6)男性は女性に「交通費」などの名目でいくらかのお金を渡す
(6)2回目以降はお店が介在しなくなり、どうするかは男女に任される

※各種料金を支払うのは基本的に男性会員のみ

一見すると、出会い系サイトに近い性質にも思えます。何だかすごく回りくどいことをしているように感じるかもしれませんね。詳しい遊び方については、以下の項目で解説します。

交際クラブのデートはセックスが前提ではない。すべては自由意志

交際クラブは、男性からのみ料金をもらってデートをセッティングしますが、風俗店というわけではありません。なぜなら、デートをする女性もまた会員であり、その後どうするかは男女の自由意志に任されているからです。お金を払って性的サービスを受ける風俗とは、根本的に違うお店だといえます。

さらに特徴的なのは、セッティングをしてくれるのは1回だけという点です。2回目以降はお店が介在しなくなり、関係を続けるかどうかは男女次第となります。つまり、「また会いたいな」と思ったら、1回目のデートの時に連絡先を交換しなければならないのです。相性がよくなければ、途中で関係を解消しても一向に構いません。

高級クラブへの入会は審査必須。会員のレベルは男女ともに高い

交際クラブは、誰でも会員になれるわけではありません。最初に必ず審査を受け、合格した人でなければ入会できないのです。審査基準は厳しく、男性は主に経済力や社会的地位を、女性は容姿をチェックされることになります。また、免許証やパスポートなどによる本人確認も必須です。

結果として、交際クラブの会員は男女ともに非常にレベルが高くなります。男性は医者や弁護士、実業家といった高収入の人たちで占められ、女性も美女ぞろいになるわけです。女性の職業も、女子大生やCA、モデル、美人の人妻など、いわゆる「高嶺の花」が目立ちます。

なお、男性会員の社会的地位が高くなる理由としては、交際クラブの料金の高さも影響しています。詳しくは次の項目で見ていきましょう。

交際クラブの料金は非常に高い。高級ソープ並みかそれ以上

交際クラブは、原則として男性会員のみが料金を支払います。女性会員は男性会員とデートをする見返りとして、高価な食事をおごってもらったり服を買ってもらったりでき、さらには交通費という名目で事実上の報酬を受け取れるのです。

女性のレベルが高い以上、料金も高くなることは想像がつきますよね。実際のところ、交際クラブの料金はいくらくらいなのでしょうか。いくつかサンプルを見てみましょう。

■交際クラブAの料金

年会費:10万円~20万円、2年目以降は1年目の80%
セッティング料:2万円~8万円

■交際クラブBの料金

月額料金:2,000円~2万円
セッティング料:1万円~6万円(これ以上のランクもあり)

■交際クラブCの料金

年会費:3万円~30万円
セッティング料:2万円~10万円

見ての通り、高級ソープ並みかそれ以上のお金がかかります。これでは一般的なサラリーマンはとても入会できませんね。富裕層が利用することを前提としているので、このような料金設定になるのです。料金に幅があるのは、会員のランクが4段階程度に分かれているためです。高いランクの男性ほど、同じく高いランクの女性を選べる仕組みです。

ちなみに、「交通費」の相場は5,000円~1万円程度だとされています。これだけでも結構な出費ですから、やはりお金がなければ続けられないでしょう。

高級クラブは事実上の管理売春を行っている? 実態は不透明

交際クラブは富裕層が自由な恋愛を楽しむ場、というのがこれまでに解説してきた内容です。しかし、また交際クラブの実態を説明しきったわけではありません。実のところ、交際クラブは事実上の管理売春を行っているのではないかという指摘があるのです。

建前上、交際クラブの仕事はセッティングだけであり、出会った男女がその後どうするかは自由意志に任されていることになっています。ところが、実際はセックスまで至ることが前提となっており、女性も「交通費」として高額の報酬を受け取っているケースが非常に多いのです。これは間違いなく管理売春ですよね。

「セックスはあくまでも男女の自由恋愛の結果」という理屈は、ソープランドでも使われています。高級クラブというのは、形態を変えたソープと見なすべきなのかもしれません。「危ない遊びはしたくない、自由恋愛で十分」という人は、女性との金銭のやり取りには気をつけた方がいいでしょう。極めてグレーな遊びをしていることを忘れないでください。

交際クラブはただの風俗遊び? セフレ作りには向いていない

では、結局のところ交際クラブはセフレ作りに向いているのでしょうか。結論から言ってしまうと、建前通りのサービスしか行っていないお店なら、セフレを作ることは可能です。しかし、事実上の売春宿として機能しているお店なら、単なる風俗遊びにしかなりません。セフレというのはお金のやり取りが発生しない関係のはずですからね。

また、自由恋愛の結果としてセックスをするのだとしても、高い料金を最初に払わなければならないことに違いはありません。うまく相性のいい女性と出会えればいいのですが、いまいちだった場合は再びセッティング料を払う必要があります。何度も繰り返していれば相当な出費になりますから、効率がいいとはいえないでしょう。

もちろん、女性を本気で自分に惚れさせれば、お金のやり取り抜きに交際することは可能です。繰り返しデートをしているうちに、そうした機会が巡ってくるかもしれません。しかし、それではキャバ嬢のアフターや同伴と変わりませんから、交際クラブを使う意味合いが薄くなってしまいます。高嶺の花を本気で口説きたい人のお遊びですね。

まとめ:交際クラブは、富裕層の遊び場だと考えよう

交際クラブは、庶民が遊ぶにはあまりにハードルが高いことがわかってもらえたと思います。安いランクの会員なら費用はそこまで高くはありませんが、お店の方針次第ではセックスが確約されないこともあるでしょう。それなら風俗遊びをした方が確実ですよね。残念ながら、セフレ作りには向いていないと言わざるをえません。

高級ソープや高級デリヘルと違うのは、女の子とセックス以外のことができるという点です。ただセックスするだけでは物足りたい、デートをして紳士的に遊びたいという人なら、交際クラブを利用する価値はあるでしょう。いずれにしてもお金はかかりますから、計画的に利用してください。

 - 交際クラブ