セフレの作り方・出会い系で誰でも気軽にセフレが作れる方法

*

メンズエステのマッサージ店で本番するコツとは?

   

メンズエステのマッサージ店で本番するコツとは?

仕事で疲れた時にお世話になるお店といえばメンズエステです。女の子に全身をマッサージしてもらえれば、疲れも取れて翌日からまたがんばれます。でも、際どいところをマッサージされると、つい勃起してしまい抜いてほしくなるから困りものです。恥ずかしい思いをしたことのある人もいるでしょう。

抜きありのメンズエステも存在しますが、性的サービスはせいぜい手コキまでで、ヘルスのようなサービスは受けられないことが大半です。どうにかしてフェラや素股、あわよくば本番ができないものでしょうか。ここでは、メンズエステで本番をするコツについて解説します。

メンズエステは回春マッサージが中心。抜きはせいぜい手コキ

メンズエステは回春マッサージが中心。抜きはせいぜい手コキ

メンズエステは、その名の通り男性向けのエステ・マッサージ店です。施術を担当するのは女の子で、男性は全裸もしくはパンツのみで施術を受けるのが基本です。使い捨ての紙パンツが使われることもよくあります。

一般的なマッサージも受けられますが、やはりメインは鼠径部・回春マッサージでしょう。際どいところのマッサージはそれだけでも気持ちよく、直接ペニスに触れられていないのに発射してしまったという話もあるくらいです。抜きがあるかどうかはお店によりますが、抜きありなら公式サイトなどにきちんと掲載されています。

ただし、メンズエステはあくまでもエステ店です。抜きはあっても手コキなのがほとんどで、オプションでゴムフェラが受けられるお店が一部あるくらいです。また、女の子へのタッチは禁止されていることが多く、あまりベタベタさわることはできません。この辺りは女の子の裁量にもよりますが、下着の中に手を入れるのは拒否される可能性が高いでしょう。

メンズエステの本番難易度は高い。お店や女の子を選ぶ必要あり

ソフトサービスが基本である以上、メンズエステで本番をするのはかなり難易度が高いといえます。それどころか、フェラをしてもらうのでさえ難しいでしょう。そういうヘルスサービスが嫌だから、メンズエステというソフト風俗で働いているのです。

また、メンズエステには店舗型と出張型がありますが、難易度が高いのはもちろん店舗型です。店員や他の女の子、お客の目がありますから、迂闊に交渉することもできません。仮に交渉成立したとしても、あまり大きな声や音を出すことができませんから、こそこそとプレイすることになります。

したがって、メンズエステで本番をしようとするなら、可能性の高そうな場所(お店)や女の子を狙う必要があるでしょう。

洗体エステなら本番ができる可能性は高い。出張型も狙い目

メンズエステの中でも、特に本番がやりやすいのは洗体エステです。洗体エステは、女の子がお客の体を洗ってくれるので、お客は裸になった上で全身を触られることになります。これなら性的サービスにも自然に移りやすいですよね。実際、洗体から手コキで抜いてしまい、その後でマッサージを行うという流れのお店もあります。

また、洗体ルームで女の子と2人きりになるわけですから、店員や他の女の子に見られる可能性も低くなります。あまり長居する訳にはいきませんが、早めに交渉が成立すればフェラや本番をして出てくるくらいは十分に可能でしょう。

そして、同様の理由により、出張型エステは店舗型エステよりも本番がしやすいといえます。ホテルにしろレンタルルームにしろ、外部からは完全に隔離されていて、女の子と2人きりの状態ですからね。お店の中で本番をするのに比べ、音や声を遠慮なく出せるのもメリットです。

深夜営業している表向き健全なお店や、料金が高いお店は怪しい

洗体エステ以外にも、本番ができる可能性のあるメンズエステは存在します。まずは営業時間に注目してみましょう。抜きありの店舗型エステは風俗店として扱われるため、原則として午前0時までしか営業できません。しかし、表向きは抜きなしということにしておいて、深夜まで営業しているお店もよく見られます。

こういった一見健全なお店に入ってみて、いい感じの女の子ばかりそろえているようなら、実際は抜きを行っている可能性があります。しかも、表向きは健全なマッサージ屋を装っているわけですから、やってはいけないこと=本番をしている可能性も高いのです。どうせルールを無視するなら行けるところまで行った方がいいですからね。

また、エステなのにデリヘル並みかそれ以上の料金を取っていれば、過激なサービスを行っている可能性があります。一般的なデリヘルは60分1万3000円くらいが相場ですから、この金額を超えるようなら怪しいでしょう。とはいえ、高い料金を払えば本番ができるのは当たり前ともいえます。料金を安く抑えた上で本番がしたいという人には向いていません。

本番交渉は遠回しに行うこと。女の子の様子や年齢にも注目

実際に本番交渉をする場合、注意すべきことが1つあります。それは、できる限り遠回しに誘いをかけるということです。これは女の子を警戒させないためでもありますが、お客が積極的に本番を持ちかけたのではないという予防線を張る意味合いもあります。あくまでも女の子から「じゃあ特別ですよ」と動いてもらうのが望ましいのです。

また、顔を見た瞬間からの女の子の様子にも気を配っておきましょう。喜んで抱きついてきたり、メニューにはないはずのキスをしてきたりするなら、かなり積極的な女の子です。性的サービスが受けられる可能性は高いでしょう。単純に、お客が女の子の好みのタイプだったというケースもありますが、こちらも本番を狙うなら有利に働きます。

そして、女の子の年齢にも注目してください。公式サイトの記載や本人の申告は当てにできませんが、「多分30歳は超えてるよな」という感じの女の子なら、本番交渉に応じてくれる可能性は高めです。年齢が高いとどうしてもお客が離れていってしまうので、つなぎとめるために過激なサービスをしている女の子が少なくないからです。

なお、交渉でどうしても出てくるのが「追加料金」の問題です。ただで本番をさせてくれるなら、こんなにありがたいことはありませんが、そう都合よくはいきません。「追加1万円で本番できますよ」と言われて、素直に払うだけの価値がその女の子にあるかどうかをよく考えてください。ふっかけられていると感じたなら遠慮なく値切りましょう。

アジアンエステは本番前提のお店も多い。所持金などに注意

本番ができるメンズエステの中でも、裏技といえるのが店舗型のアジアンエステです。中国系や韓国系のエステは、ヘルスサービスや本番を前提にしていることが多く、料金もそれ相応の設定になっています。要するに最初から違法風俗として営業しているわけです。

そのため、公式サイトなどを調べても「抜きなし」と書いてあるお店がほとんどです。最近では、ガサ入れを警戒して健全店と同じような料金表を掲げているお店も多くなっています。実際にどんなサービスが受けられるのかは、行ってみないとわかりません。

また、こうしたアジアンエステは「お金を盗られた」「タケノコはぎにあった」という被害報告もよく聞かれます。街中で怪しいお店を見つけても、そのままふらりと入るのはやめた方がいいでしょう。本番ができそうな最低限のお金(1万5,000円程度)だけを持って、様子を見つつ入るのがおすすめです。

まとめ:メンズエステで本番ができたら、そのことは秘密に!

メンズエステで本番ができる可能性は0ではありません。しかし、ソフトサービスのお店である以上、ファッションヘルスやデリヘルに比べると難易度が高いのは間違いないでしょう。もし無料で本番をさせてくれる女の子がいたら、その子は「当たり」だといえます。その後も通い続けるためにも、自分だけの秘密にしておくことをおすすめします。

 - メンズエステ