セフレの作り方・出会い系で誰でも気軽にセフレが作れる方法

ソフレからセフレにするのは簡単!セフレ候補のソフレを「育てる方法」

      2018/03/30

女の子に添い寝やハグをしてもらうと、精神的に癒され幸せな気持ちになりますよね。添い寝だけを目的にした「ソフレ」という存在まで登場しています。でも、添い寝では我慢できないという人は、何とかしてセックスに持ち込むしかありません。ここでは、ソフレをセフレに「育てる」方法について解説します。

ソフレは添い寝専門のパートナー。癒しが目的でセックスはしない

パンツを脱ぐ瞬間

ソフレとは「添い寝フレンド」の略で、文字通り添い寝を目的にした男女関係のことを指します。セフレが「恋人ではないけどセックスをする関係」なのと同じように、ソフレも「恋人ではないけど添い寝をする関係なのです。

添い寝リフレや耳かき専門店が存在していることからもわかるように、男女が触れ合うことは精神的な癒しになります。特定のパートナーがいる人なら、日常的にハグや添い寝をしていますから、癒しはいくらでも補給できるでしょう。でも、パートナーがいないの場合は、セックスどころか添い寝ですらも簡単には実行できません。

「添い寝をしてくれるパートナーがほしい」「だけどセックスまではしたくない」「恋人とは考えず、あくまでも癒しを与えてくれる人であってほしい」。そのように考える人たちが出てきた結果生まれたのが、添い寝専門のパートナーであるソフレなのです。

中には、「添い寝だけなら浮気にならないから」などという不純な動機でソフレを探している人もいるようですが、ソフレを求める人すべてが人妻や彼氏持ちというわけではありません。純粋に癒しとしてソフレを求めている人も大勢いるのです。

多くの人は「ソフレで終わるわけがない」と考えている

ソフレという言葉を知った人の多くは「本当に添い寝だけで終わるの? セックスしたくならないの?」と考えるでしょう。これは男女のどちらにもいえることです。セックスに発展してしまったら、その時点でセフレになってしまいますからね。ソフレであり続けたいのなら、男女ともに性欲に打ち勝たなければなりません。

参考までに、ある調査データを見てみましょう。

マイナビウーマン『男性に聞いた! ぶっちゃけ、「ソフレ」って成立すると思う?⇒いいえ 76.7%「一度はやりたい」』
https://woman.mynavi.jp/article/150506-15/

この調査によると、男性の80%近くが「ソフレのままで終わるわけがない」「セックスをしたくなるに決まっている」と考えていることがわかります。やはり、ソフレという存在については多くの人が懐疑的なようですね。「自分だったらきっと手を出してしまう」ということです。

ソフレのいる人は、このような問題を当然わかっています。そのため、ソフレ以上の関係になろうとしたら、その時点で関係を解消する約束を最初にしているのです。逆にいえば、それくらい厳しいルールを設けないと維持できないほど、ソフレというのは微妙な関係なのかもしれません。

セフレにする前提で、ワンクッションとしてソフレを作る人もいる

ソフレを求めている人は、全員が純粋に添寝のパートナーを探しているわけではありません。中には下心のある人もいます。それはもちろん、最終的にセックスまで持ち込むことを考えている人です。

このような人は「セックスは絶対にしない」という大前提を崩してしまっていますから、まともなソフレとは呼べません。相手にとっては迷惑な話でしょう。しかし、ソフレを育ててセフレにすることが可能なのもまた事実なのです。

ソフレになった段階で添い寝までは許しているわけですから、指1本触れることさえできない人に比べれば、セフレへの道のりは確実に近づいています。つまり、ソフレがワンクッションとして機能しているのです。

中には、「ソフレというもの自体がナンパ野郎の仕掛けたトラップ。セフレにするための飛び石として都合がいいので、ソフレという言葉を作り出して広めたに過ぎない」と主張する人もいます。確かに「セフレは嫌だけどソフレなら」という女性が増えれば、そこからセフレへと発展させやすくなるでしょうね。

最初の3ヶ月間は手出し厳禁。ソフレとしての信頼を得よう

ソフレをセフレに育てるには、それなりの手順を踏む必要があります。「添い寝まで持ち込んだならこっちのものよ」と調子に乗っていては、絶対にうまくいきません。添い寝を求める女性は、相手が態度を変えてセックスを求めてくることを常に警戒しています。初期段階で手を出そうとすれば、即座に関係を打ち切られてしまうでしょう。

そこで、最初は何よりもソフレとして相手に認められ、親密になることを目指します。やることは添い寝だけにとどめ、露骨なボディタッチも避けましょう。また、セックスが目的だということを態度に出してはいけません。極端なことを言えば、勃起もしてはいけないのです。相手にバレた瞬間に怒られる可能性があります。

そして、ソフレとの距離を縮めるには定期的に会うのが1番です。「添い寝してほしい時だけ呼び出すから」という都合のいい関係ではなく、最低でも週1ペースで添い寝ができるように約束をしてください。添い寝をすることにまったく抵抗がない関係になれれば、次の段階にも発展しやすくなります。

週1で会っていても、ソフレとして認められるためには最低10回は会う必要があるでしょう。3ヶ月程度は様子を見なければならないということです。3日に1回くらいのペースで会えているなら、もっと早く次の行動を起こしても構いません。それだけ相手に必要とされ、受け入れられているということですからね。

密着しても拒絶されないかを確認。最後は意志を伝えること

ソフレとしての地位を不動のものにしたら、いよいよセフレにするための行動を開始します。まずは「もう少しくっついて寝てみない?」と提案しましょう。相手との密着が当たり前になれば、セックスに持ち込める可能性も大きくアップします。実際、くっついて寝るのは気持ちがいいので、相手も受け入れてくれるでしょう。

密着に成功したら、次はもう少し踏み込んでみます。両手でしっかりと抱きしめ、ハグの体勢で寝ることを目指しましょう。後ろからでも前からでも構いません。さらに、女性のお尻や下腹部、胸などにさりげなく触れてみてください。これは多少強引に行っても構いません。どれだけ強く拒否されるかを見るためのテストだからです。

ここまでやっても拒否されなければ、セックスまではあと一歩です。「ずっとこのままの関係でいいと思う?」など、自分が今の関係に満足していないことをさりげなく伝えてください。女性はやんわり拒否するかもしれませんが、関係を切られることはないはずです。せっかく手に入れたソフレを失う事態は避けたいでしょうからね。

女性が「どうしたいの?」と聞いてきたら、セックスをしたいとはっきり言いましょう。何度か遠回しなアピールをしても女性が態度を変えなければ、自分から言い出しても構いません。成功するとは限りませんが、ここまで来れば受け入れてもらえる可能性は十分あります。女性の反応を見ながら、行けるかどうかを判断しましょう。

ソフレを探すには出会い系サイトが1番。おすすめはPCMAX

ソフレをセフレに育てる時に1番問題となるのは、そもそもどうやってソフレを見つけるのかということです。知り合いにいきなり「ソフレになってくれ」と頼んでも、拒否されるのがオチでしょう。まずはソフレを求めている女性を探す必要があります。

ソフレ探しの場所として最も使いやすいのは、出会い系サイトです。実際にソフレ募集中の女性も利用しており、候補者を見つけることは難しくないでしょう。ただ、出会い系サイトには悪質なサイトも多いため、十分注意しなければなりません。出会える可能性を上げるために、できるだけ利用者の多いサイトを選ぶ必要もあります。

数ある出会い系サイトの中でも、1番おすすめなのは「PCMAX」です。

・PCMAX

日本最大級の出会い系サイトで、知名度もトップクラスを誇ります。管理体制が非常にしっかりしているのに加え、とにかく利用者が多いため、出会える可能性はとても高くなります。まずは登録してソフレを求める女性を探してみましょう。

まとめ:相手の信頼を得て、ソフレをセフレに育てよう

ソフレは非常に微妙な関係です。女性の側も「添い寝だけだから」と言いつつ、実際にはそれ以上の関係への発展を考えているかもしれません。重要なのは、お互いが納得することです。まずはソフレとしての関係をしっかりと築いてください。相手の信頼を得た上で自分の気持ちを伝えれば、ソフレをセフレにすることも不可能ではないでしょう。

 - セフレを作るノウハウ