セフレの作り方・出会い系で誰でも気軽にセフレが作れる方法

添い寝リフレを使ってかわいい子といちゃいちゃしてみた!

      2018/04/03

仕事でくたくたになり、家に帰って倒れるように眠るのはつらいものです。「こんな時、女の子が横にいてくれたらなあ」と毎日思っている人もいるのではないでしょうか。そんな人におすすめなのが「添い寝リフレ」です。若くてレベルの高い女の子に添い寝をしてもらうだけで疲れは吹き飛びます。ここでは添い寝リフレの内容や料金を見ていきましょう。

添い寝リフレは、女の子が添い寝をしてくれる癒しの空間

裸の女の写真

添い寝リフレは、その名の通り女の子が添い寝をしてくれるお店のことです。リフレとついていることからもわかりますが、簡単なマッサージもセットになっています。ただ、本格的なマッサージの訓練を受けている女の子はまずいません。あくまでも添い寝がメインだと考えてください。

「添い寝をしていたら我慢ができなくなって結局風俗に行ってしまうのでは?」と心配する声もあるでしょう。しかし、女の子に添い寝をしてもらえば、それだけでも十分な癒しの効果があります。疲れ切った人にとっては、風俗に行って体力と精力を消耗するよりも、ずっと気持ちのいいものなのです。

お店の携帯としては、店内で遊べる店舗型と、近所のレンタルルームなどを利用する出張型があります。最近では、デリヘルと同じく受付所を持たない完全な無店舗型も登場しています。ただし、ホテヘルやデリヘルと違ってラブホテルは使えません。添い寝リフレは風俗店ではないからです。

また、添い寝リフレを自称しているお店の中には、手コキやフェラがサービスに含まれているところもあります。これは「添い寝リフレっぽい風俗店」でしかないので、単に「添い寝リフレ」と言った場合には含みません。この記事では、風俗の許可を取っていない純然たる添い寝リフレに関してのみ書くことにします。

添い寝リフレは、添い寝だけではなくさまざまなオプションがある

添い寝リフレを利用する流れは極めて簡単です。お店に入って女の子やコースを選び、部屋に入って添い寝をしてもらう。基本的にはただそれだけです。もちろん、本当に眠ってしまっても構いません。時間は最低30分が一般的ですが、その時間をどのように過ごすかはお客の自由です。

とはいえ、本当に30分間添い寝だけをして過ごす人は多くありません。ほとんどのお客は、せっかく来たのだから女の子とコミュニケーションを取ろうと考えます。お店の側もそれを前提にしており、以下のような多くのオプションが用意されています。

  • 腕まくら
  • 逆腕まくら(お客が腕枕をする)
  • 逆リフレ(お客がマッサージをする)
  • ハグ
  • 膝枕
  • お尻枕
  • お姫様抱っこ
  • 耳かき
  • ビンタ

いろいろな形で女の子と触れ合うことが可能だとわかりますね。これらのオプションをうまく活用するのが、添い寝リフレを楽しむためのテクニックです。ビンタされて何が楽しいんだと思う人もいるかもしれませんが、Mの男性にとってはむしろご褒美でしょう。お店によっては、キックのオプションが用意されていることさえあります。

添い寝リフレは女の子と外出も可能。オプションは高額

添い寝リフレの料金は、基本サービスを利用するだけならそれほど高くありません。何しろ添い寝をするだけですし、ピンサロより安いのは想像がつくでしょう。問題は、オプションがつくとどのくらいになるかです。秋葉原の有名店である「みるき~ろりっく」の料金を見てみましょう。

■コース

基本リフレ(マッサージのみ)…30分4,000円
添い寝&リフレ…30分5,000円
腕枕&添い寝&リフレ…30分6,000円
上記+テレビなどのついた部屋…30分7,000円
近隣の散歩…30分5,000円
遠方への外出…90分1万2,000円
カラオケ…80分1万4,000円
映画…200分2万8,000円

■オプション

1,000円…膝枕10分、逆膝枕10分、手つなぎ10分、おしりまくら1分、往復ビンタなど
2,000円…逆リフレ10分、腕まくら10分、お姫様抱っこ1分、ハグ5秒など
5,000円…ハグ5回セット
7,000円…30分オプションし放題 ※一部制限あり
1万5,000円…時間無制限オプションし放題 ※一部回数制限あり

・公式サイト
https://milky-rolik.com/

オプションの内容や料金を見て、「ぼったくりだ!」と思った人もいるのではないでしょうか。確かに、風俗と比べてもありえないような金額です。お姫様抱っこを1分しただけで2,000円、ハグを5秒でも2,000円。添い寝リフレを知らない人からすれば、コストが悪いどころの話ではありませんよね。

一方、コース料金に関してはまずまず妥当なところでしょう。コースによってはお店を出て散歩をしたり、カラオケや映画に行ったりすることもできるのが面白いですね。女の子を外に連れ出して長時間拘束するわけですから、万単位のお金がかかるのは仕方がないといえます。

添い寝リフレは女の子のレベルが高い。20歳前後の子もいる

添い寝リフレのオプション料金がこんなにも高いのには、もちろん理由があります。話は単純で、女の子のレベルが非常に高く、年齢も極めて若いからです。ルックスの平均レベルは風俗とは比較になりませんし、年齢層も20歳前後が普通に在籍しています。ついこの間まで女子高生だった子や、現役女子大生もいるのです。

ここまでレベルの高い女の子が集まってくるのは、サービス内容はソフトだからに他なりません。添い寝リフレで働く女の子たちは、風俗で働くほどの勇気を持っていないのです。「キスやフェラは嫌だけど添い寝くらいなら」と考えて、添い寝リフレやってきているわけですね。

前述の30分4,000円のコースなら、女の子の手取りは1,200円~1,500円ほどです。1時間で3,000円ほど稼げる計算になります。そこらのコンビニやレストランでバイトをするより、遥かに高い金額なのは間違いありません。

風俗店は、サービス内容がハードなお店になるほど女の子のレベルは下がっていくのが普通です。外見で稼げない以上、サービス内容で稼ぐしかないからです。ということは、その逆もまた然り。外見のレベルが高い女の子は、ソフトサービスのお店にやってくるのです。添い寝リフレには、トップクラスの女の子が集まっていると考えていいでしょう。

添い寝リフレでは違法な裏オプが横行。3万円で本番も?

添い寝リフレの基本的な解説は以上で終わりです。しかし、添い寝リフレを語る上では、もう1つ話さなければならないことがあります。それが「裏オプ」です。

裏オプというのは、はっきり言ってしまうと性的サービスのことです。キスやフェラはもちろん、交渉次第で本番に応じてしまう女の子も珍しくありません。その代わり、お客からは高額のオプション料金をもらうというわけです。相場としては、手コキが5,000円、フェラが1万円、本番は2万円~3万円くらいとされています。

裏オプの料金相場は、一般的な風俗からすれば話にならないほどの高額です。それでも、女の子のレベルが非常に高いために、裏オプには十分な需要があります。積極的に裏オプの誘いをかける女の子もいますし、お客から交渉を持ちかけることもあるでしょう。

もちろん、裏オプはお店のルール違反であると同時に、完全な違法行為でもあります。そもそも、添い寝リフレは風俗店として営業する許可を取っていないので、性的なサービスを一切認められていません。まともな添い寝リフレなら、裏オプをしているとわかった時点で女の子をクビにするでしょう。

添い寝リフレはJKビジネス発祥。現在は18歳以上のみ

添い寝リフレと切っても切れない関係にあるのがJKビジネスです。もともと添い寝リフレ自体がJKビジネスから始まったといわれています。もちろん、現役女子高生と添い寝をするだけで終わるはずがありません。お客の目的は裏オプであり、裏オプをすることを前提に女子高生を雇っていたお店も存在していました。

しかし、そんなお店を行政や警察が放っておくわけがありません。東京では2017年7月に条例が改正・施行され、添い寝リフレで女子高生が働くこと自体が不可能になりました。それどころか、お店の名前に「JK」「制服」「学校」などの単語が一切使えなくなったのです。

現在、現役JKを働かせている添い寝リフレ(いわゆるアンダー店)は壊滅しています。隠れて営業しているお店があれば、遠からず摘発されてしまうでしょう。添い寝リフレで遊ぶ場合は、相手の年齢に十分注意してください。裏オプの利用もすべて自己責任で行いましょう。

まとめ:添い寝リフレは、気分をリフレッシュするのに最適

添い寝リフレは、心身ともに疲れている人が多い世相を反映しているといえます。つらい時にはひたすら飲んで憂さを晴らすとか、風俗に行ってすっきりするとかいう人が多いかもしれません。でも、女の子に添い寝をしてもらった方が、ずっと疲れが取れるのではないでしょうか。添い寝リフレをうまく使って、気分をリフレッシュしてください。

 - 出会い系を使ってセックス